アーティスト

Rico Rodriguez meets Cool Wise Men

Rico RodriguezCool Wise Men

《 Rico Rodriguez 》
2002年のフジロック・フェスティバルで待望の来日を果たし、THE SKATALITESの興奮も覚めやらぬフィールドオブヘブンステージで1万人を超えるオーディエンスを更に熱狂させ、フェスティバルのオリジナルスカ・レジェンドとしての大役を果たしたジャマイカのアーテイスト、リコ・ロドリゲス(Rico Rodriguez)の待望の再来日公演が2006年5月に全国5ヶ所で開催される事になりました。

元SKATALITES、元SPECIALSのリコ・ロドリゲスといえば、知らない人はいないのではないだろうか?ボブ・マーリーとヨーロッパツアーをまわった経験もあるトロンボーン奏者、現在72才。いまだミュージシャンとして現役で、フジロックフェスティバルを始め、世界中を飛びまわっている。

1934年10月17日、ジャマイカ生まれのリコ。1961年12月にジャマイカからUKに夢を追い求め移住した。ローレル・エイトキンやプリンス・バスターらと共にカリビアン系の音楽シーンで頭角を現し、その後2トーンスカの歴史を常にリードし続けたマエストロ。スカシーンのみならず、ジャズ ロックパンクブルースなどの音楽シーンにも影響を与えた彼は、世界中のミュージシャンから尊敬され、日本ではザ・スカ・フレイムスやUAなどからも深いリスペクトを受けている。リコの最大の魅力は、そのエネルギッシュで円熟したパフォーマンスだが、彼は毎日8時間〜9時間の練習をかかさないと言う。70才を超えたミュージシャンで、これだけの鍛錬をする人が他に何人いるのだろうか?それもリコの表現者としての飽くなき向上心、なによりも音楽が好きで、トロンボーンを愛していてそれが彼の人生そのものだからなのだろう。



《 Cool Wise Men》
1993年結成。スカという"におい"を奏でる稀有のバンド。当時オリジナルからツートーンといったブームに沸くシーンに現れ都内各地のクラブで話題となる。

2000年キラーナンバー満載の1st ALBUM “BAD SKA"をリリース!! オーセンティックなサウンドに織り交ぜたワイズメン節の独自性で注目を集める。

2003年2ndアルバム"Faith"でその多彩なふり幅を確立、全国ツアーやSUN SET LIVEなどへの出演で名声を得る。2005年コンセプト・アルバム “UNITY"をリリース。スタジオ・ワンのオリジネーターDee Jay他、ジャンルを越えた多彩なゲストを迎え、熱いシェイク・ハンドを披露!賞賛を浴びる。

カリブミュージック、ジャズ、レゲエ、そしてスカ! ジャマイカンルーツを全て詰め込み独自のリディムに昇華させ、魅せるワイズメン・・・。


■official site
http://www.one-dee.com/cwm/


| アーティスト | posted by RoR staff
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。